仮審査に落ちても申込みブラックにならないって本当ですか

友人から「キャッシングで仮審査に落ちても申込みブラックにはならない」ときいたので何社も申し込んでみようと思うのですが大丈夫でしょうか?

申込みを複数行うことがイコール「ブラック」ではありません

どのような借金であっても、あなたがローンの申し込みをしたという記録は信用情報に半年間は保存されます。そして、次にあなたが申込んだ会社はあなたがすでに他の会社に申し込んで審査が通らなかったということを知ることになります。

あなたが仮に友人にお金を貸す立場にあったとして、「あなただけにお願いされた場合」「他の何人にもお願いしているのに加えてあなたにお願いしてきた場合」の2つの場合があった時に、あなたならどちらに良い印象を持ちますか?恐らく「あなただけにお願いしてきた場合」の方が印象は良いのではないでしょうか。

キャッシング会社も同じです。他の何社にも申し込んでいることがわかると「なぜお金が必要なんだろうか」「貸した場合に他の会社と併せて本当に返済ができるのだろうか」などと不安になるものです。結果的にブラックではないものの、審査が通りにくくなるのです。

ですので、短期間に複数のローン会社に借入の申し込みを行うのは避けた方が良いでしょう。どれくらいの期間を「短期間」というかは明確にはなっていませんが信用情報に申込み情報が記録される期間は半年までですので、半年を超えれば安全と言えます。しかし、半年も待っていられないということもあるでしょう。その場合でも最低1ケ月は間隔を置いて申し込むべきでしょう。

知ってた?仮審査に落ちても申込みブラックにならないワケ!

融資の審査というのには、大きく分けて二種類存在していると言えます。まず私達がお金を借りられるかどうかが決まる最も重要な本審査と、融資を受けられるかどうかを大まかに、それでいてすぐに分かるようになる仮審査ですね。仮審査については受けられる業者とそうでない業者が存在しており、仮審査を受けたいだけでも利用できる事がありますので、気になるなら対応業者を調べてみましょう。

言ってしまえば、仮審査というのはお試し審査という感じです。仮審査で通過したとしてもすぐに融資の利用が開始できるわけでは無いのですが、その反面でお試しという事で早いところだと数秒にて結果が分かる事もあります。仮審査結果でも郵送にて発表という事があってその場合は遅いですが、お試しとはいえ大まかにでも審査結果が分かるのはありがたいですね。

本審査の場合は要は普通の審査なので、特に難しい説明などはありません。申し込みをして審査を経て、通過すればお金が借りられるようになり、落ちればお金を借りる事はできません。また、落ちた場合でも信用情報として記録され、この落ちた回数が多いほど審査はより不利になってしまい、落ちた回数があまりにも多いとそれだけで審査落ちしてしまう状態である『申込みブラック』になってしまうのです。

融資において審査に落ちてしまうという事はペナルティが少なからず存在しているという事であり、それを考えるとなかなか気軽に申し込めないかもしれません。では、仮審査というのは記録に残ったり、私達の本審査に何かしら影響を与えるのでしょうか?仮審査の真相について解き明かしていきます。

仮審査というのはあくまでもお試しという事なので、結論で言えば『仮審査に落ちても申込みブラックにならない』という事になります。仮審査というのは信用情報云々が心配な人が受けるにも最適な練習といえるステップであり、すでに何度か融資の審査に落ちてしまって後が無い…そう思っている人が自信を付ける為にも役立ちます。

また、例え本命が別にあるという人であっても、別の業者が提供している仮審査でも大まかな判断は出来ると言えます。収入や仕事内容というのはどんな業者でも大事な事なので、それをお試しと言ってもみてくれるのは、なかなか信用が出来るお試しと言えます。

また、再三言っている事なのですが、仮審査というのはあくまでもお試しです。仮審査で通過できた人が本審査では落ちた…なんて事が全く無いわけでは無く、過信しすぎると足下をすくわれる結果になります。逆に仮審査で落ちても最低限の融資は受けられる事もありますので、本当に実際は分からない…というのもまた、融資の審査ではあり得る話なのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【来店不要!電話確認なし】誰にもバレない¥カードローン¥ All Rights Reserved.